三佐和ブログ


2月の新宿事務所 2019年02月21日
新宿事務所ではベランダで様々な植物を育てていますが寒い冬もようやく終わり、植物たちも春の到来を待ちわびているようです。
P2210155.JPG
昨年の5月からカスケードブロックと手作りフラワーポッドでニチニチソウを育てています。ニチニチソウは温帯の日本では一年草として育ちますが、本来は熱帯マダガスカル原産の多年草です。新宿事務所のニチニチソウはヒートアイランド東京の冬を乗り越えました。今年もまた花を咲かせてくれるでしょうね。
P2210150.JPG
2年ほど前に百円ショップで買ってきたジャスミンもカスケードブロックの上で2回目の春を迎えようとしています。ジャスミンも熱帯、亜熱帯原産の植物ですがカスケードブロックの上でひっそりと育っていました。いつの日か、香りの良い白い花を咲かせてくれる事を楽しみにしています。
P2210153.JPG

ベゴニアも昨年の5月から苗から育てていますが、寒い冬の中で2度目の花を咲かせて元気に育っています。
P2210154.JPG2年前の秋に緑化ブロックに灌水クロスを敷き、土を薄く載せた上に蒔いたコリアンダーとベビーサラダミックスの種が残っていて発芽して大きく育ちました。食べられそうですね。
P2210157.JPG自然灌水システムお水番の上では西洋芝が日の当たらない環境で、無事に冬を乗り越えたようです。

P2210142.JPG
先週のブログでもお話しましたが、少しでも日当たりが良くなるようにカスケードブロックを立ててイチゴの苗を挿入しました。イチゴが抜けた穴にはビオラを植えました。
P2210161.JPG
P2210162.JPG
                5年ぐらい前に緑化ブロックに植えたセダムですが冬になると元気になるようです。
P2210164.JPG
日当たりのあまり良くない狭いベランダですが、今年もまた様々な植物たちがガーデンクリートで作ったブロックやポッドの上で冬を乗り切ったようです。ヒートアイランド東京の冬は植物たちにとり住みやすい環境なのかもしれませんね。 2月21日撮影


2月のイチゴ 2019年02月14日
立春を過ぎた東京は春の訪れもま近です。都内の各所で様々な方法で育てているイチゴたちも寒さの中で成長を続けています。 
浅草寺様のフローラカスケードで立面で育てているイチゴは午後になると日が当たる環境ですが、白い花を咲かせました。
P2140169.JPG
P2140172.JPG
大田区産業プラザPIO6Fのテラスでお水番方式の植物栽培システムで育てているイチゴは、周囲が壁に囲まれていて、まだ太陽の角度が低く直射日光はあたらないのですが赤い花を咲かせていました。
P2140184.JPG
P2140185.JPG
新宿事務所のテラスでカスケードブロックで育てているイチゴは、日当たりが良くない環境でも、寒さに耐えながら少しずつ大きくなってきたようです。
P2140211.JPG
少しでも日の当たりが良くなるようにカスケードブロックを立ててイチゴを育てることにしました。
P2160047.JPG
唯一、室内で手作りフラワーポッドで育てているイチゴは、室温が15度以上、そして毎日朝日を浴びる環境で大きく育ち白い花を付けました。イチゴの実を大きくするには花を咲かせる前の蕾の段階で間引きすると良いようですが、イチゴの育つ様子を観察しているので間引きするつもりはありません。
P21401576.JPG
P21401675.JPG
東京はまだ寒い日が続いていますが、来週になると寒さも少し緩むようです。屋外で寒さに耐えながら生育しているイチゴたちも、本格的に活動する日が近づいています。2月14日撮影

宇宙の広がり 2019年02月05日
今からおよそ138億年前、ビッグバンから生まれた宇宙空間は今もなお広がり続けているようです。この空間にはおよそ1千億から2千億の星が寄り集まった銀河が2兆個も存在するというのです。

FullSizeRender (3).jpg地球は質量を持つ素粒子・原子から出来ています。そして地球に生存する生命体も同じく原子からできています。宇宙に生命が存在する場は地球だけなのでしょうか?もし1千億から2千億の星が寄り集まった銀河が2兆個存在するという宇宙で地球だけに生命体が存在すると考えると寂寥感を覚えます。
FullSizeRender (4).jpg
銀河を構成する恒星や惑星は太陽を取り巻く地球のような惑星と同じ質量(原子)を持ち、太陽と同じように核融合を起こしながら光り輝きエネルギーを発散しています。
宇宙には映画スターウォーズに描かれているような生命体が存在するとは言いませんが、広い宇宙に散らばるどこかの星に無機質から有機質に化学変化して自らの力で命を繋ぎ続ける生命体が存在すると信じたいですね。
FullSizeRender5.jpgさらに驚くべきことに質量を持つ星や銀河の成分は宇宙空間のわずか5%ほどで、残り95%の成分はまだ解明されていない質量やエネルギー(ダークマター・ダークエネルギー)で形成されているようです。私たちが存在する宇宙は気の遠くなるようなスケールで広がり続けているようですね!
関連ブログ:光は生命の源
ガーデンクリート植物栽培システム 2019年02月04日
「ガーデンクリート植物栽培システム」のPDFがバージョンアップされました。
ホームページの資料ダウンロードからもご覧いただけます。ガーデンクリート植物栽培システム
ガーデンクリートは土よりも固く、水分や空気を取り込む空隙は有機土壌並みの性質をしていて、アスファルトやコンクリートの上に直接施工して植物を育てたり、狭い土地でも立面で植物を育てることが出来る土壌代替基材です。 ガーデンクリートの上に灌水クロスを敷き土を薄く(1㎝程)載せてホウレンソウを種から育てます。
P11000581.JPGコンクリートジャングルとアスファルト砂漠に覆われたヒートアイランド東京の様々な場所でガーデンクリートを使用して植物を育てて10年以上が経過しました。そして都市環境への負荷を押えるためにガーデンクリートの厚みを薄層(平面3cmから4cm 立面6cm)にして様々な植物を継続して育てることが可能になりました。
    穴の開いたカスケードブロックにビオラを挿入して立面で育てます。フローラカスケード
P41300501.JPG薄層緑化基盤で植物を育てるための大きな課題は安定した灌水の継続ですが、自動灌水システムを組み合わせることで、一年を通して安心して様々な植物を育てることができます。
       カスケードブロックを平面に置き穴に菖蒲やイネの苗を挿入して育てます。
P61400081.JPGガーデンクリート植物栽培システムのパンフレットを差し上げます。webフォームによるお問い合わせ
から「パンフレット希望」とご記入の上お申し込みください。


1月の風のガーデン 2019年01月30日
今年の冬、東京は晴れの日が続き雨が降りません。その中で風のガーデンの表面が湿っていて、灌水時間になると水が若干オーバーフローしているのに気がつきました。東京の1月の平均気温は12月より2.7度ほど低いのですが(気象庁東京平均気温参照)、気温が下がったことで植物の日常の蒸散作用がさらに少なくなったり休眠に入った植物が増えたからではないでしょうか?
そこで風のガーデンの灌水量を12月と比べて1ℓ/㎡・日ほど少なく調整しました。
P1290150.JPG
寒い中でローズマリーが花を咲かせていました。ローズマリーやミントなどのハーブは寒さに強い植物ですね。
P1290152.JPG
風のガーデンでは太陽光で灯るライトがいくつか設置されているのですが、その一つにライトの中で植物が絡まっているのを見かけました。おそらく太陽光のランプの光を目指してランプの中に入り込んだようですね?
P1290170.JPG
夏の間エネルギーを蓄えていたスイセンやヒヤシンスなどの球根が、今年も芽を出して活動を始めました。
P1290159.JPG
  あと一週間もすると立春です。風のガーデンの植物たちが眠りから覚めるのもまもなくです。
P1290163.JPG
                                                          1月29日撮影

TOP